一人暮らし

実家を出て一人暮らしを始める方へ

一人暮らしをするようになるタイミングとして、大学や専門学校に行くために、実家を離れたり、社会人として就職するために実家を離れたりといったものがあります。僕が一人暮らしを初めてしたのは、大学に行くために神奈川県に移り、会社員になり、現在も一人暮らしです。タイミングはそれぞれ違っても、一人暮らしで気を付けることなどは大学生も社会人も変わりません。これから一人暮らしを始める方が、失敗しないように気を付けるポイントなどを紹介していきます。

 

一人暮らし

 

まずは賃貸物件選びですね。家賃という固定費が毎月かかりますし、生活の大部分を過ごす場所ですから、一番重要です。物件が決まったら、一人暮らし用の家電インテリアを決めていきましょう。この部分が一番楽しいです。理想的な部屋をイメージしましょう。

 

一番面倒なのが引越しの手続きですね。あとは一人暮らしのよくあるトラブルを知っておいて、実際に問題が起こった時にあわてないようにしましょう。

一人暮らしでクレジットカードを作った方が良い?

電気代とガス代をクレジットカードで支払う

電気代(東京電力)とガス代(東京ガス)の場合、月々の支払いをクレジットカードか口座振替にできます。

 

払込み用紙を使って毎月自分でコンビニや郵便局に払いに行く
ということもできますが、手間がかかるし忘れやすいのでクレジットカード支払いにしておいた方が良いでしょう。

 

あまり知られていない概念に「クレジットスコア」というものがあります。
個人の「信用」=「返済能力」を数値化したものです。

 

アメリカでは、クレジットカードが無いと部屋を借りられなかったり、
レンタカーを借りられなかったり、
クレジットスコアが低いとローンの金利が高くなったりします。

 

30歳以上でそれまでクレジットカードを作ったことが無い場合、返済履歴がゼロなので、信用スコアがありません。
そうなると、日本でもクレジットカードを作るのは困難になります。
(大企業の社員や公務員なら大丈夫だと思いますが)

 

ポイントも貯まりますので、年会費無料のクレジットカードを作って、公共料金の支払いに使い、
クレジットスコアを作っておくことをおすすめします。よく通販をするなら楽天カードあたりが良いと思います。

一人暮らしのための賃貸物件選び

目当ての駅を降りてふらっと入った不動産屋。

 

一人暮らしは初めてなのだ。

 

先日、大戸屋に入ったら、隣に座っていたOLらしき女性が、食後に不動産屋に電話しているのを耳にした。どうやら、ネットで良さそうな物件があったのでサイトに載っていた連絡先に電話したところ、その物件はもう入居者が決まってしまっているようだ。その女性は、とてもその物件が気に入っていたらしく、でもまだネット上には「空き」だと書いてあるじゃないですかというようなことを言っているのであった。

 

もしかしたら、インターネットで検索する人がひっかかるように、安くて良さそうな物件をわざと載せて、個人情報を取るようにしているのかもしれない。もしかしたら、本当に決まってしまっていて、まだサイトに情報が反映されていないだけかもしれない。なかなか自分の気に入った物件に出会うのは難しいようだ。

 

すぐに引っ越さなければならないというわけでは無い場合には、ここは譲れないという条件をあらかじめ用意しておいた方が良いだろう。

 

僕の場合には、

 

  • ガスコンロ(IHではなく)
  • 鉄筋コンクリート
  • 室内洗濯機置き場
  • 都市ガス

 

という条件を優先させた。

 

まず、ガスコンロは料理をする人間にとっては必須である。IHだと火力の微調整ができなかったり、強火でさっと炒める
ということがまずできない。

 

ガスだと停電した時にもお湯を沸かすことができるから、電気が止まった時のリスク分散としては良いだろう。

 

そして、鉄筋コンクリート。他人の生活音が聞こえてしまうのはかなり煩わしい。
毎日住む場所だから、静かに暮らしたいものである。

 

木造やRCの場合には、防音性という点では劣るので、静かな生活がしたいという場合には、
鉄筋コンクリートのマンションを選んだ方が良いだろう。

実は良くない?コンビニそばの物件

ちょっと何かが足りない時にあると便利なのがコンビニです。でも、コンビニが近くにあるデメリットもあります。一番可能性が高いのは、コンビニ前にたむろする中高性男子がうるさいことですね。寒い冬はあまり外でたむろするということはなくなりますが、夏の夜なんかは声も通りますし、けっこううるさくなります。あと、コンビニには、商品の搬入や廃棄物の回収などが1日中ありますので、夜中にもガタガタやっている音が気になる人もいるかもしれません。そんなわけで、コンビニのすぐそばを選ぶよりは、コンビニまで徒歩2〜3分の場所を選ぶと良いでしょう。コンビニの商品はスーパーよりも高いですから、なるべくスーパーやドラッグストアで購入した方が良いですね。

一人暮らしで固定電話はもはや必要ない?

最近は固定電話を持つ人も少なくなってきましたので、携帯電話しか持っていない人も多いでしょう。

 

そもそも固定電話の存在価値があまりなくなってきています。強いて言えば、災害発生時に携帯電話はつながりにくくなりますが、
固定電話同士であれば回線が安定しているので、つながる確率が高いです。あとは、クレジットカードやローンの審査の時に、逃げる可能性が少ないということで、ほんの少し有利になるということでしょうか。

 

経済的なことを考えると、ほとんど固定電話にメリットはありませんので、携帯電話だけでも良いのではないでしょうか。