一人暮らし 防犯

家に侵入されないように

警視庁の犯罪発生マップなどを見ると、ある程度どの地域で犯罪が多いかが分かります。

 

でも、実際にはもっと事件が起きているようです。たとえば、近所のカギ屋さんに置いてあるファイルを見ると、ネットや新聞に載っている以上に窓ガラスを割っての侵入やカギをピッキングして侵入などの事件が起こっています。もしかしたら、カギ屋さんも不安を煽るためにやっているのかもしれませんが、用心するにこしたことはありません。家に侵入されると長期的に精神的なダメージも受けますので、せめて数万円はかけて防犯対策をしても良いと思っています。

一人暮らしの防犯対策記事一覧

女性の場合には空き巣以外にも下着泥棒の心配もありますから、洗濯物を取られやすい1階のベランダには干さないようにしましょう。2階以上に住んでいても、洗濯物を干していると何人暮らしか?性別は男か女か?大体の年齢、夜や雨なのに洗濯物を取り込んでいなかったら不在、などが分かってしまうので、洗濯物は外に出さないで、部屋干しするか、洗濯機の乾燥機能を使いましょう。洗濯機に付いている乾燥機能やお風呂場の乾燥機能...

新入社員が増える4月に増えるのが名刺交換からの投資用マンションの購入へ勧誘する悪徳商法です。外でサラリーマンに対して「研修のため、名刺交換させてください」と言ってきます。名刺を渡してしまうと、会社にしつこい投資用マンションの電話勧誘が来るので絶対に名刺を渡してはいけません。なぜ会社の名刺を狙うのか?というと、会社にしつこい勧誘電話がかかってくると周りの人にも迷惑になってしまうので、「会って話だけで...

最近はピッキング対策されたディンプルキーなどのドアの普及により、ピッキングは減っているようです。ピッキングとは鍵を使わずに工具などを使って鍵を開けることです。空き巣の侵入手口の主流は窓ガラスを割ってクレセントを回して入るものになっています。でも、古い玄関の鍵の場合には数秒でピッキングできてしまうので、もし鍵屋さんですぐ複製できてしまうタイプの鍵の場合には、補助錠を付けたりして何か対策をしておきまし...