防犯性

まずは空き巣の手口を知る

防犯性

空き巣の侵入手口で多いのがピッキングよりも窓ガラスを割って入ってくるケースです。不況になると、生活費を稼ぐために空き巣をやってしまう人がいます。ガラス破りは特殊な技術などがいらないので、やろうという気持ちがあれば誰でもできてしまうからです。

 

空き巣に入ろうとする人の心理を考えると、コンビニなどの近くは意外と入りやすくなります。なぜなら、下見が自然にできるからです。人通りの少ない所でずっと人が立っていたら不自然ですが、コンビニの前でタバコを吸っている人に注目する人などあまりいません。

 

そんなわけで、公園やコンビニから見える場所にある物件は意外と狙われやすいので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

セキュリティーを考えると、オートロックのマンションが良いですが、侵入はけっこう簡単にできてしまうので、戸締まりはしっかりするようにしましょう。最上階は屋上からベランダ伝いで侵入できてしまうので、1階と同じくらいのリスクがあります。たとえば8階建てだったら、4階や5階などが比較的侵入されにくいです。

 

最近では全ての部屋にセコムなどの警備会社のシールが貼ってあったり、廊下などの共有部分に監視カメラが付いている、防犯性能をアップさせた賃貸物件もあります。ただ、そういう物件は家賃が高くなりがちです。

 

オートロックが無い場合には、自分で補助錠を取り付けることもできますから、自分で補助錠を付けることによって低コストで空き巣に入られるリスクを小さくすることが可能です。

 

家賃とセキュリティはどこかで妥協する必要があります。社会人の場合には、家賃は手取り収入の4分の1くらいに抑えた方が良いです。手取り20万だったら家賃8万円、15万円だったら6万円という感じです。首都圏でも駅から徒歩10分以上離れていたら、オートロック付きで家賃5万円くらいというのもありますので、まずは不動産サイトで自分が住みたい最寄り駅の物件を探してみましょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

プロパンガス vs 都市ガス
賃貸物件で部屋を選ぶ時に気を付けたい、プロパンガスか都市ガスか?
ルームシェアのトラブル
ルームシェアをした時のこと。家賃が安くなるメリットはありますが、一人暮らしよりもトラブルが増えます。
毎日お風呂に入った場合のガス代
2月は寒かったのでシャワーから毎日お風呂を沸かすのに変更しました。どれだけガス代が変わったかをレポート。
ガスコンロとIHどっちにする?
賃貸の部屋を選ぶポイントとして、ガスコンロとIHクッキングヒーターはどうするかという点でも迷いますが、自炊をするかしないかで決めましょう。
不動産屋選びの注意点
賃貸物件探しで不動産屋を選ぶ際に注意すること。失敗しない不動産屋選び
追い炊き機能の光熱費
お風呂の追い炊き機能で気になるガス代は、普通のお風呂より安いのか?
賃貸契約の流れ(1)
賃貸契約の流れについて。部屋を借りるためには色々な手続きが待っています。
ゴミ捨て場をチェックしよう
賃貸物件選びの際にチェックするポイントについて。ゴミ捨て場をチェックしましょう。
コンビニのすぐ近くの賃貸物件はどう!?
賃貸物件選びのポイント、コンビニの位置は部屋からどれくらいがいいか?
騒音問題は事前に分かるか?
賃貸物件で部屋を選ぶ時に気を付けたい隣人の騒音問題は事前に知ることができるか?