プロパンガス 都市ガス

光熱費を下げるためには都市ガスの方が良い

プロパンガスと都市ガス
プロパンガス(LPガスは販売業者によって、値段が違うので、完全に一般化することはできませんが、通常はプロパンガスの方が都市ガスよりも1.5〜2.5倍ほどガス料金が高くなります。都市ガスだったら4000円で済むのに、プロパンガスだったら8000円になってしまうという場合だと、ざっくり計算して年間48000円も違います。

 

仕事が忙しくてあまり家におらず、自炊もお風呂もあまり使わないなんていう場合には、プロパンガスでも良いでしょう。でも、朝と夜2回シャワーを浴びたり、自炊を毎日したいなんていう場合には都市ガスにしておいた方が良いです。

 

ジムに行っていれば光熱費が節約できるかも

スポーツジムにはシャワー設備やジャクジーが付いていますので、水道料金を気にせず水を使用できます。もし、ダイエットや健康管理のためにジムに通うのであれば、なるべく一緒にシャワーを浴びてきてしまうとガス代と水道代を節約できますね。ただ、ジムは最初の数か月は行っていても、何かのきっかけ(風邪や怪我や仕事が忙しくなるなど)で急にいかなくなってしまうことが多いので、ジムに行くのであれば週2で行かないと気持ち悪いくらいになるまで習慣化する必要があると思います。

 



関連ページ

ルームシェアのトラブル
ルームシェアをした時のこと。家賃が安くなるメリットはありますが、一人暮らしよりもトラブルが増えます。
毎日お風呂に入った場合のガス代
2月は寒かったのでシャワーから毎日お風呂を沸かすのに変更しました。どれだけガス代が変わったかをレポート。
ガスコンロとIHどっちにする?
賃貸の部屋を選ぶポイントとして、ガスコンロとIHクッキングヒーターはどうするかという点でも迷いますが、自炊をするかしないかで決めましょう。
不動産屋選びの注意点
賃貸物件探しで不動産屋を選ぶ際に注意すること。失敗しない不動産屋選び
追い炊き機能の光熱費
お風呂の追い炊き機能で気になるガス代は、普通のお風呂より安いのか?
賃貸契約の流れ(1)
賃貸契約の流れについて。部屋を借りるためには色々な手続きが待っています。
ゴミ捨て場をチェックしよう
賃貸物件選びの際にチェックするポイントについて。ゴミ捨て場をチェックしましょう。
コンビニのすぐ近くの賃貸物件はどう!?
賃貸物件選びのポイント、コンビニの位置は部屋からどれくらいがいいか?
騒音問題は事前に分かるか?
賃貸物件で部屋を選ぶ時に気を付けたい隣人の騒音問題は事前に知ることができるか?
賃貸物件の防犯性を考えよう
あまり考慮されない防犯性という観点から賃貸物件の選び方を考えます。