フレッツ光のプロバイダー

フレッツ光の申し込み時の注意点

フレッツ光に契約する時って、単にNTTの「フレッツ光」というサービスと契約すればいいのかと思っていましたが、フレッツ光を利用するには更にプロバイダーと契約しないといけないんですよね。

 

つまり、フレッツ光の料金+プロバイダー料金を払う必要があります。戸建の家よりも、マンションやアパートなどの集合住宅の方が、月額料金が1000円ほど安くなります。一人暮らしの新生活はほとんど賃貸だから集合住宅割り引きがあるはずです。ただし、建物によっては集合住宅でフレッツ光に対応していない所もありますので、申し込みページで自分の新居の郵便番号を入力し、住所から建物名を選択して自分が住む賃貸物件がフレッツ光対応か調べましょう。

 

スポンサードリンク

プロバイダーの選び方

プロバイダー選択で色々なプロバイダーから選ぶなんて、もうよく分からなくなってしまいますよね。so-netやbiglobeなど色々と有名なところもありますし。

 

結局、僕はフレッツ光のプロバイダーはOCNに決めました。なぜなら、OCNは利用者数が一番多く、NTTがやっているサービスのため、フレッツ光やプロバイダー料金をすべてまとめて支払えるので便利だからです。

 

せっかくフレッツ光にしても、プロバイダーが悪いと通信速度が不安定になってしまう様なので、一番基盤がしっかりしているNTTのOCNが良いと思います。利用者数が多いので、何か分からないことがあったら、誰かに聞いたり、インターネットで調べると答えがすぐに見つかりますから。マイナーなサービスだと、何か問題が起こった時に、人に聞いても分からない可能性が高いです。そんなわけで、迷ったらフレッツ光のプロバイダーはOCNにするのが良いと思います。

 

スポンサードリンク

関連ページ

フレッツ光に申し込み
新生活を始めるのに必要なインターネット。フレッツ光とOCNに加入しました。
VDSLが点滅したら
急にインターネット接続ができなくなり、VDSLランプが点滅している場合の対処法について。
フレッツからauひかりに乗り換え
今までNTTのフレッツを使っていましたが、スマートバリューも使えるのでauひかりに乗り換えをしました。乗り換えの流れと感想など。