カレー

カレーの作り置きは食中毒のリスクが高い?

カレーで食中毒
2017年4月25日のテレビ朝日林修の今でしょ!講座で食中毒について特集していました。中でも一人暮らしをしていて、節約にもなるし栄養価も高く、大量に作るのが簡単なカレーの危険性についてやっていました。

 

「カレーは2日目が美味しい」というのは多くの人が思っていることですが、最近これが危険であることが研究の結果分かったそうです。一般的には75度以上の熱で数分間加熱するとほとんどの食中毒の原因になる菌が死滅しますが、ウェルシュ菌は死なないのです。

 

ウェルッシュ菌というのは、土の中にいてじゃがいもやニンジンに付いてくるので、カレーを作る時にカレーの中に入ってしまうことがあるとのこと。ウェルシュ菌の特徴として、温度が上がると芽胞という物の中に隠れてやりすごし、また温度が下がったら芽胞から出てきて繁殖するそうです。特に45度あたりで最も繁殖するので、カレーを作った後に鍋のまま放置していると、カレーの内部の温度が下がらないのでウェルシュ菌が繁殖してしまいます。

 

スポンサードリンク

 

カレーの作り置きは2日目から危ないということです。僕は5年くらい前からカレーを作ったら、すぐにタッパーに小分けにして熱がある程度取れたら冷凍庫に入れて保存していました。明日食べる分は冷蔵で、冷凍したものは1週間以内に食べる感じです。そうすると、メニューが連続5回カレーとかになりませんし、食中毒の心配も無いので良いです。これは正しいカレーの保存方法だそうです。良かった。タッパーのカレーの汚れって取りにくいですし、小分けにするのもちょっと面倒なんですけどね。

 

冷蔵庫に入れると良い理由は、ウェルシュ菌は10度より下になると活動しなくなるので、菌の繁殖を抑えられるからだそうです。タッパーに入れると良い理由は、小分けにすると冷めるのを早くすることができるから、菌の繁殖を抑えられるわけです。また、食べる時の注意点として、ウエルシュ菌は酸素が嫌いなので再び温める時によくかき混ぜるのが良いとのことです。

 

伊集院光さんの疑問で鰻屋の継ぎ足しのタレは大丈夫?というのがありました。たしかに気になります。先生の回答は、一般的にうなぎのタレは醤油とみりんからできているから大丈夫なのだそうです。どちらも、普通に置いていても菌が繁殖しないから。

 

スポンサードリンク

関連ページ

サラダ油の保管方法
自炊でよく使うサラダ油。サラダ油は冷蔵庫で保管した方が良い
アサリの水煮缶詰のパスタレシピ
アサリの水煮缶詰を使ったパスタのレシピです。ボンゴレ風で野菜も摂取できます。
麦ご飯最強説
大麦、もち麦など、麦ごはんにすると、健康的だし節約ができてすごい!
缶詰を活用するメリット
缶詰は安くて栄養豊富?一人暮らしの強い味方です。