缶詰

一番気になるのは缶詰はいつまでもつの?

一人暮らしの自炊で缶詰を活用するメリット
NHKの「ためしてガッテン!」で缶詰を特集していました。

 

一人暮らしをしていると、魚を食べる機会ってあんまり無くなります。外食でサバの味噌煮定食を食べると700円以上はします。でも、缶詰だったら100円前後で購入できますから、一人暮らしと節約の強い味方です。

 

僕はだいたいサバ、いわし、サンマ、ツナなんかを常備しておきます。スーパーで缶詰のセールをしている時に購入しやすいという理由もあります。缶詰だったらすぐに食べる必要はありませんから、大量に買っておいても困りません。

 

スーパーだと有名なメーカーの缶詰が多いですが、100円ショップだとあまり聞いたことが無い会社の缶詰が多いです。100円ショップだと柚子胡椒とかマスタード味のいわしの缶詰があったりするのでたまに100円ショップでも購入しています。

 

一番気になる:缶詰はいつまでもつの?

 

ためしてガッテンの最初のトピックは古くなった缶詰っていつまでもつの?ということでした。僕も災害時のためにと思って買っておいた缶詰を見たらいつの間にか賞味期限が切れていることがあります。4、5年ってすぐに経っちゃいますからね。

 

捨てるためには缶詰を開けないといけませんし、数年経つと開けるのが怖くなるのでそのまま長期間放置してしまいがちです。

 

缶詰というのは、新鮮な材料を入れて空気を抜いて密閉してから、高温高圧で殺菌します。圧力鍋と同じように加圧されているので水の沸点が115度まで上がり、雑菌を壊滅状態にすることができます。

 

スタジオでは、30年前の鯖の缶詰を持ってきて、開けても大丈夫かやっていました。その前に、9年前にカナダで買った缶詰を開けていました。見た目は特に問題なく、臭いも問題なく、雑菌も検査したら検出されていませんでした。

 

その後30年前の缶詰を開けていましたが、缶切りで穴を開けてもプシューっと空気が漏れることもなく、臭いは美味しそうとのこと。更に古い70年以上前の缶詰が開封されるVTRがありました。中身の赤飯は原型をとどめていて、更に雑菌の検出も無かったとのことです。さすがにスタジオで30年前の試食はしていませんでしたが、食べても大丈夫そうでした。

 

スポンサードリンク

 

  • 理論的には永久的に腐敗しない
  • 日本では缶詰の種類に関わらず賞味期限は3年

 

とのことです。
ただし、缶詰が膨らんでいる場合には、賞味期限に関わらず食べないように。

 

缶詰の美味しさは時間経過で変わる?

 

次のトピックは缶詰の食べごろについてでした。ツナ缶に限っては、出来たての缶詰よりも古い缶詰の方が美味しいと、ツナ缶工場の人が口を揃えて言っています。賞味期限が切れて2〜3年が一番美味しいと言う人も。古いツナ缶の方が熟成して美味しいとのこと。発酵しているのではなく、筋繊維の間に調味液の塩分が染み込むので美味しくなるのだそうです。そして、スペインでは缶詰に「熟成期間」が表記されていて、ワインと同じように考えられているとのこと。

 

缶詰博士によると、水に浸かっているコーンなどの野菜などは新しい物、魚の水煮やオイル系、味噌しょうゆ系は、なるべく古いものを食べた方が美味しいとのことでした。

 

缶詰は栄養豊富?

 

普通に鯖の水煮を作るよりも、缶詰の方が栄養が残っているとのことです。ビタミンAとビタミンD、DHAとEPAは缶詰の方が多く残っているそうです。それはなぜかというと、缶詰の場合、酸素を抜いてから加熱するので「酸化劣化」が起きないことが大きな理由とのこと。

 

缶詰って安くて長期保存できるし、栄養も多いとなると、むしろ日常的に利用した方が良いのかもしれません。スーパーの特売で見かけたらその都度購入しておけば、平均コストを下げることができるのでお得ですね。

 

スポンサードリンク

関連ページ

サラダ油の保管方法
自炊でよく使うサラダ油。サラダ油は冷蔵庫で保管した方が良い
アサリの水煮缶詰のパスタレシピ
アサリの水煮缶詰を使ったパスタのレシピです。ボンゴレ風で野菜も摂取できます。
麦ご飯最強説
大麦、もち麦など、麦ごはんにすると、健康的だし節約ができてすごい!
カレーで食中毒になる?
カレーを作って鍋のまま保存するのは食中毒になる可能性があります。