ウォシュレット

賃貸のトイレをウォシュレット(温水機付き便座)にする場合

ウォシュレット
実家がずっとウォシュレットで、初めて一人暮らしした場合に、急にウォシュレット無しのトイレになったらかなり違和感がありますよね。最初からウォシュレットの賃貸もありますが、自分で取り付けないといけない場合もあります。

 

自分でウォシュレット(シャワートイレ、温水機付き便座)を取り付けるには、トイレの蓋と便座を取り外し、水がウォシュレットに行くようにしないといけません。不動産屋さんにも確認しましたが、原状回復すれば良いので、取り外したトイレの蓋と便座を保管しておき、賃貸契約を終えて部屋から出ていく前にまた元に戻して置けばよいのです。

 

家電量販店やホームセンターでウォシュレットの便座を買ってきて、自分で取り付けるのも可能ですが、知識と経験が無いとちょっと難しそうですね。そんな時は近所の取り付けサービスに頼んでみましょう。

 

「市町村名 ウォシュレット 取り付け」などで検索すると、そういったサービスが出てきます。ウォシュレット機能付きの便座+工事費用で4、5万円からやってくれるみたいです。お金に余裕があったらやってもらうのも良いでしょう。ただし、また取り外す時にも工事費用がかかると思いますので、それも考慮しておきましょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

一人暮らし用の冷蔵庫
一人暮らし用の冷蔵庫の大きさは、自炊の頻度によって変わっていきます。
テレビは必要!?
一人暮らしにテレビは必要か?やっぱりテレビはあった方が良いと思います。
ワット数が大きい電子レンジの方が良い
一人暮らしでも、ワット数が大きく、電子レンジ自体も大きいものの方が使いやすいです。
扇風機の選び方
エアコンよりも大分電気料金が安い扇風機の選び方について。