古本買取り

けっこう重くて場所を取る本を売るとスッキリします

古本の処分
引越しの時に、ダンボールに詰めていくとかなり重くなってしまうのが本です。普通の大きさのみかん箱いっぱいに本を詰めると30キロくらい行ってしまいます。しかも、本が多いと部屋が狭く汚く見えるので、引越し前にもう読まなそうな本は売ってしまうと良いでしょう。車を持っていれば、ダンボール箱に本を詰めて、近くにあるブックオフに持っていけばいいのですが、車が無いと持ち込みは難しいです。タクシーなんか使った日には、買取りの査定額はタクシー料金よりも少なくなってしまうでしょう。

インターネットだけで完結する古本買取りサービス

そこで、ネット検索して見つけたのが、インターネット上でサービスを受け付けている古本買取りサービスです。ブックオフよりはちょっと高く買い取ってくれますが、そんなに期待しない方が良いです。あと、一冊一冊の査定額は教えてくれないというデメリットがあります。

 

メリットとしては、送料は買取サービスの方で負担してくれるので、佐川急便やヤマトの集荷サービスを使って、自宅まで荷物を取りに来てもらい、着払い伝票を書いて引きとってもらうだけです。(着払い伝票もダンボールと一緒に送ってくれます。もしもらえなかったら、集荷の時に宅配会社に着払い伝票をお願いしましょう)

 

自分は自宅から一歩も出ることなく古本やCDを売れるのでとても便利です。大体ネット上の古本買取りサービスは佐川急便を使っていますので、最寄の佐川の営業所を見つけて、そこに電話して集荷(しゅうか)してもらいます。

 

http://www.sagawa-exp.co.jp/search/branch_search/

 

電話で、「集荷(しゅうか)をお願いします」と言うと、荷物の個数と住所と大体の集荷希望時間をきかれます。集荷の時間までに梱包して着払い伝票を書いておきましょう。そして、その荷物が買取りサービスの倉庫に付くと、査定が始まり、査定に納得したらお金を振り込んでくれます。(申し込み時に、「自動承認」というものを選択すると査定の承認のやり取りは省かれます)引越し予定日に1週間以上前には、古本買取りサービスに申し込んでおきましょう!

 

買取サービスによって流れが違うので、それぞれのサイトの流れに従ってください。身分証明書のコピーは必要で、段ボールなどは業者によっては無料で送ってくれます。

 

スポンサードリンク

関連ページ

ゴミ出しのルールを確認
近所の人とのトラブルを避けるためにも、引っ越したらすぐにゴミ出しのルールを確認しましょう。