国保の手続き

引越し時の国保の手続き

引越しの時には色々な手続きをしないといけないので大変です。国民健康保険(国保)の場合には、転出届と転入届を両方出すことによって手続きが完了します。

 

まず、現在住んでいる市の市役所や区役所に行き、転出届けを出します。転出届けには、転出日(=引越しの日)を記載しますが、その日まで保険証が使えることになります。1週間くらい前には手続きをやっておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

例えば、7月15日に転出(引越し)するなら、7月8日までに転出届けを出しておきましょう。7月8日に転出届けを出しても、実際に転出するのは7月15日なので、それまでは保険証は利用可能です。その場で保険証の返却もできますが、引越し作業中に怪我をするかもしれませんし、何があるか分からないので郵送で後で市役所に返却するのが良いと思います。

 

そして、7月15日(転入=引越し)の日から14日以内に、新しい市の市役所か区役所で転入届けを提出します。そうすると、同時に国民健康保険の保険証がもらえます。国保の請求は毎年6月に来ますので、もしこの時期に引越しするとなると、国保料を今まで住んでいた方の市と、新しい住所の市の方に両方払う必要があります。両方と言っても、2重に払うのではなく、古い住所の方には、住んでいた月までの分の国保料を払うことになりますので、一応市役所に電話して聞いてみてください。

 

僕の場合には、新しい住所に国保料の請求が転送されて来ました。昔の住所の方の市役所の方に電話して聞いたら、とりあえず1期分は払うように言われたので、1期分だけ払いました。

 

スポンサードリンク

関連ページ

郵便の転送サービスに申し込み
郵便物を1年間新住所へ転送してくれる、郵便局の転送サービスを使いましょう。まずは転居届と身分証とハンコを持って郵便局へ。
転出届を提出する
転出届を出して転出証明書をもらいましょう。そして、引越した後に転入届を出します。