転出届け

引越し1週間前までには転出届を提出しましょう

市区町村外への引越しには「転出届け」を市役所や区役所に提出する必要があります。同じ市区町村内での引越しの再には「転居届け」になりますので注意してください。

 

新しい土地に移り住む、一般的な引越しは「転出」ということになります。転出届けで必要な持ち物は、身分証明書くらいです。

 

本人が手続きする場合には印鑑も要らない場合がありますが、何かと手続きに必要ですから、印鑑と身分証(運転免許など)は常に携帯しておくことをおすすめします。

 

市役所や区役所に行くと、書類を記入する台の所に転出届の用紙が置いてあるので、見本を見ながら記入しましょう。

転出届を書く際の注意点

その近くに国民健康保険(国保)の届け出もあったので、転出届けと一緒に書いて持っていったら、国保の方は書かなくても良いと言われました。

 

転出届を出すと、国保の手続きも一緒にやってくれるみたいです。

 

あと、住所を書く時には、○○1−2−3 ではなく、1丁目2番地3号などの様に正式な番地を書くようにします。まあ、間違えても職員の方が直してくれますので、それほど気にしなくてもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

転出証明書をもらう

転出証明書

 

そして、転出証明書をもらいます。転出証明書は、新しい行政区での転入届けを提出する時に必要になりますので、しっかりと保管しておきましょう。

 

転入届けは、引越しの日から14日以内に行う必要があります。特に理由も無く遅れると罰金があるらしいので注意してください。

健康保険証(国保)の返却

保険証は転出する当日=引越しの日まで使用可能です。その場で返却することも可能ですが、引越しの準備中に怪我をする場合もありますので、郵送で返却したいと申し出ましょう。

 

保険証の返却
国民健康保険証の返却用封筒をくれますので、引越し後にポストに入れるだけです。

 

スポンサードリンク

関連ページ

郵便の転送サービスに申し込み
郵便物を1年間新住所へ転送してくれる、郵便局の転送サービスを使いましょう。まずは転居届と身分証とハンコを持って郵便局へ。
引越し時の国保の手続き
他の市や区に引越す場合の国保の手続きについて